大阪市西成区南津守の歯医者、清水歯科の歯周病治療と予防歯科のページです。

  • 24時間受付中WEB診療予約
  • 06-6656-4618
  • 診療時間

    平日ー9:30-13:30/15:30-19:30 
    土ー9:30-13:30/午後休診

  • 休診日

    日・祝・土曜午後

歯周病治療・予防歯科

歯周病は早期発見・早期治療が大切です~歯周病治療・予防歯科~

歯周病は早期発見・早期治療が大切です~歯周病治療・予防歯科~

歯周病は日本の成人の約8割がかかっている、もしくはその予備軍といわれているほど蔓延している感染症です。歯ぐきの炎症から始まり、放っておくと歯が抜け落ちることにつながります。さらに40才以上が歯を失う原因の第1位とされています。

歯周病は早期発見・早期治療が大切です。また罹患のメカニズムが判明していることから、予防可能な病気でもあります。こちらのページでは、大阪市西成区の歯医者「清水歯科」が、歯周病についてご説明します。正しい知識を得て、お口の健康を守りましょう。

広く蔓延している病気~歯周病~

歯の表面に付着したプラークにすみつく細菌が歯ぐきに炎症を起こすのが歯周病の原因です。初期段階は、歯ぐきから出血したり、腫れたりする歯肉炎と呼ばれます。お口のケアが不十分だと歯肉炎が進行し、歯を支える歯ぐきや顎の骨が破壊されていく歯周炎になります。さらに進行すると歯と歯ぐきの溝はどんどん深くなり、歯周ポケットが深くなって歯のぐらつきが大きくなり、最終的には歯が抜け落ちてしまうのです。

もしかするとその症状は歯周病?

あなたにこんな症状はありませんか? 当てはまる項目がある方は歯周病の疑いがあります。一度、お早めに当院にご相談ください。

  • 朝起きたとき口の中がねばつく
  • ブラッシングのときに歯ぐきから出血する
  • 口臭がきつい
  • 歯ぐきが下がり歯がのびたように見える
  • 歯ぐきが腫れている
  • 冷たい物を口にするとしみる
  • 歯がぐらつく
  • 食べ物が歯に挟まる
全身に影響をおよぼすこともあります

全身に影響をおよぼすこともあります

歯周病はお口の中だけの病気のように思われがちですが、全身の健康に影響をおよぼす可能性がある病気です。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

心血管系疾患 糖尿病 肺炎 早産・低体重児出産
歯周病菌などの細菌が血管に入ると血栓を起こしやすいので、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの疾患のリスクを高めてしまいます。 糖尿病と歯周病には関連性が認められていて、互いの病気の発症や悪化を誘発するといわれています。 唾液を介して歯周病菌が気管から肺に入り込むと炎症を起こす可能性があります。抵抗力が低い高齢者の誤嚥性(ごえんせい)肺炎には注意が必要です。 歯周病菌は子宮の筋肉に影響を与えることがあり、早産や低体重児出産のリスクを高めてしまうといわれています。
歯周病の治療について

歯周病の治療について

歯周病の治療で欠かせないのが歯にこびりついたプラークや歯石の除去です。そのためにもっとも手軽で効果的なのが毎日のブラッシング。当院では患者様のお口の状態に合わせたブラッシング指導をしています。また、セルフケアでは除去しきれない歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝のプラークや歯石を口腔ケアのプロフェッショナルである歯科衛生士が除去します。

重度の歯周病を除き、たいていの歯周病はプラークや歯石の除去で改善します。毎日のセルフケアとともに定期的な歯のクリーニングを受けることは予防にも有効です。定期検診を受け歯の健康を守りましょう。

検査方法

※表は左右にスクロールして確認することができます。

ポケット検査 歯の動揺度検査 レントゲン検査
歯周病は進行するにつれ歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)が深くなります。この検査では「プローブ」という器具で歯周ポケットの深さを測り進行度合いを判断します。 歯周病は進行すると歯を支える組織が溶け出し、歯がぐらつくようになります。ピンセット状の器具で歯をつまみ、ぐらつき度合いを調べるのが動揺度検査です。 レントゲン写真で顎の骨の形や骨密度の低下度合いを確認し、歯周病の進行状況を判断します。

当院では検査結果を元に歯周ポケットの深さなどを、iPadを使用して患者様にわかりやすく説明しております。

当院では検査結果を元に歯周ポケットの深さなどを、iPadを使用して患者様にわかりやすく説明しております。

初期段階の歯周病の治療方法
SRP 歯周ポケットそうは術
SRP 歯周ポケットそうは術
歯に付着したプラークや歯石を除去する「スケーリング」を行います。そして歯と歯ぐきの溝の深い部分にあるプラークや歯石、そして汚染部位を除去したあと、歯根表面をなめらかに仕上げ汚れの再付着を防ぐ「ルートプレーニング」を行います。 歯ぐきに局所麻酔を施したあと、専用の器具を使用して歯周ポケットの奥深くにたまり、こびりついたプラークや歯石を取り除きます。歯周病に感染した歯ぐきの一部も切除する外科的処置です。軽度~中等度の歯周炎の治療法です。
歯周外科治療(歯周組織再生療法)について

初期段階の歯周病治療を行ったあと、しばらく経過観察します。それでも症状が改善しない場合は必要に応じて レーザー治療や歯周外科治療を行います。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

フラップ手術 エムドゲイン CTG(結合組織移植片)
フラップ手術 エムドゲイン CTG(結合組織移植片)
歯周組織への感染範囲が広がっている場合に行う外科的処置です。局所麻酔を施したあと、歯肉を切開し、歯周ポケットの奥深くに付着するプラークや歯石、そして感染した歯肉を除去します。最終的に歯肉を縫合し治癒を待ちます。 歯周病菌により溶かされた歯周組織の再生を促す治療法のひとつです。局所麻酔後、感染部位を取り除いたあと、薬剤(エムドゲインゲル:歯周組織再生誘導剤)を患部に注入し、歯周組織が再生するスペースを確保し、再生を促します。 歯周病により歯根を覆う歯肉が下がってしまった場合に歯肉に厚みを加えるための歯周形成外科処置のひとつです。CTGは上顎の口蓋から結合組織のみを切り取り、再生したい部分の歯肉の上皮と骨膜との間に移植する方法です。
超音波スケーラーを導入しています

超音波スケーラーを導入しています

歯周病が進行すると歯周ポケット内にプラークや歯石が付着し、歯肉が炎症を起こします。専用の薬剤と超音波スケーラーを使用して、プラークや歯石を除去することにより、細菌感染を防ぎ炎症を抑えることができます。超音波による振動を利用しているため、痛みはほとんどなく治療を受けていただけます。

むし歯や歯周病を防ぐ~予防歯科~

むし歯や歯周病を防ぐ~予防歯科~

これまで歯科医院に通うのは「歯がしみる・痛む」などの自覚症状が現れてからで、「歯医者は治療するところ」でした。しかしむし歯や歯周病の場合、自覚症状があるということは歯の健康がすでに損なわれたあとですので、「治療」してももとの健康な歯に戻すことはできません。

むし歯や歯周病は、そのメカニズムがわかっているので正しくケアすれば未然に防げる病気です。北欧や北米など歯の健康意識が高い国々では、「歯科医院には予防のために定期的に通院する」という認識が定着しています。「予防」はお口の健康を保つために有効です。定期検診を習慣にして大切な歯をいつまでも守りましょう。

PMTC

PMTC

PMTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」のことで、専門の器具を使って行う歯のクリーニングを意味します。毎日のブラッシングでは落としきれない歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝のプラークや歯石を徹底的に取り除けるので、むし歯や歯周病の予防に有効です。お口の中の汚れが落ちるので口臭予防にもつながり、軽い色素沈着も除去可能です。仕上げにフッ素入りペーストを使用すると歯質強化につながります。

  • きれいな口もとを手に入れましょう 審美歯科・ホワイトニング・矯正歯科について
  • むし歯は早く治療しましょう 乳歯のむし歯は予防が効果的です

お口のお悩みは何でもご相談ください 清水歯科(06-6656-4618) ご予約はこちらからどうぞ