大阪市西成区の歯医者、清水歯科の院内感染予防・滅菌対策のページです。

  • 24時間受付中WEB診療予約
  • 06-6656-4618
  • 診療時間

    平日ー9:30-13:30/15:30-19:30 
    土ー9:30-13:30/午後休診

  • 休診日

    日・祝・土曜午後

院内感染の予防・滅菌対策

院内感染予防対策を徹底しています

院内感染予防対策を徹底しています

病気治療のために医療機関を受診した際、ウィルスや細菌などに触れたことによってほかの病気にかかってしまうことを 院内感染といいます。医療機関として、患者様のためだけでなくはたらくスタッフのためにも院内感染は絶対に防がなければなりません。しかし、 衛生管理を行うためにはコストがかかるため、整備が行き届いていない歯科医院があるのが現状です。患者様に安心してご来院いただくために、大阪市西成区の歯医者「清水歯科」では衛生管理を徹底し、院内感染予防対策に力を入れています。

院内環境整備について

院内の衛生管理を徹底するため、当院ではさまざまな 滅菌除菌用設備を取りそろえています。それはお口の中に使用する医療器具をそれぞれの素材や形状に合わせて滅菌処理するためです。またスタッフが使用するグローブや患者様がお使いになるコップやエプロンなどはディスポーザブル(使い捨て)の物を採用しています。

滅菌設備のご紹介
オートクレーブ 超音波殺菌装置
オートクレーブ 超音波殺菌装置
患者様のお口の中で使用する治療器具はとくに衛生管理を徹底しています。庫内を高圧・高温にするオートクレーブで滅菌処理しています。 使用済みの治療器具の内部汚れは超音波振動で落とします。そのあとで器具の素材に合わせてオートクレーブやガス消毒器を使用します。
ガラスビーズ滅菌器 ガス消毒器
ガラスビーズ滅菌器 ガス消毒器
微生物や細菌は高温で破壊されます。器内のガラスビーズを高温(250度)に保ちそこに10数秒間、器具を差し込んで微生物や細菌を無害化します。 プラスチックやゴム、ビニールなどオートクレーブで滅菌できない素材の物はガス消毒器を使用して衛生管理しています。
ハンドピース自動注油器 エンジン・タービン・スリーウェイシリンジ
ハンドピース自動注油器 エンジン・タービン・スリーウェイシリンジ
タンパク質は感染の原因になります。汚れが落ちにくい筒状のハンドピースの内部のタンパク質除去を目的にすみずみまで洗浄し、注油する装置です。 通常は数本しか用意していない患者様のお口の中で使用するさまざまな機器を当院では数多くそろえ、つねに消毒し患者様ごとに交換しています。

安心して治療を受けていただくために~水の衛生基準~

安心して治療を受けていただくために~水の衛生基準~

みなさんが治療を受ける際に座るユニットには、治療やうがいなどに使用する給水システムが備わっています。歯科医院で使用するのですから、治療に用いられる水は「つねに清潔で安全」なのが当たり前でなくてはなりません。

しかし、過去に給水管汚染が問題となり、厚生労働省から水質管理目標設定項目に従属栄養細菌が追加されました。「1mlの検水で形成される集落数が2,000CFU以下」を目標にするというものですが、いまだユニットへつながる多くの給水管から数千万もの細菌が検出されているという報告があります。当院ではこの事実を重く受け止め、患者様に安心して治療を受けていただくために水の衛生環境を整える取り組みに力を入れています。

※CFU:細菌の数を表す「Colony Forming Unit(コロニー形成単位)」の略語。例えば、100 CFU/300ml =300ml中に細菌が100コロニー存在していることを表します。

オゾン水生成器 EOS7131-CDE

オゾン水生成器 EOS7131-CDE

当院では、院内で使用する水を安心安全なものにするため、オゾン水生成器を導入しています。オゾン水とは強い酸化力・殺菌力を持つオゾンが溶けた水。大腸菌やノロウィルス、インフルエンザウィルスといった細菌やウィルスなどの感染予防に大変効果的とされています。有機物汚れなどの洗浄能力や脱臭機能も高いので、さまざまなシーンで活用されています。

また、食品添加物としても認められるほど安全性が高く、医療の現場でも安心して使える除菌・洗浄用機能水なのです。当院での治療は、このオゾン水生成器から作られたオゾン水を使用しています。

  • 清水歯科の 院長をご紹介します
  • 医院概要と院内紹介は こちら

お口のお悩みは何でもご相談ください 清水歯科(06-6656-4618) ご予約はこちらからどうぞ